ダイヤモンドのオリジナルジュエリー及びリフォーム
ダイヤモンドには多彩な色が存在しますが、標準的な範囲の色としては、無色(D)から黄色(Z)までがあります。無色透明に近いダイヤモンドほど珍しく、高く評価されます。
全てのダイヤモンドには内包物があります。これらは、ダイヤモンドが天然石である証でもあります。内包物はクラリティーのグレード(透明度の評価)に影響を与えます。
カラットはダイヤモンドの重さを計測する単位です。乾燥したカロブ(イナゴ豆)の実の重さが驚くほど均等であったことから、カロブ一粒の重さ0.2グラムを1カラットとしました。1カラットはさらに100分の1単位まで計測されます。
カットは元来、磨かれたダイヤモンドの形状を示すものでしたが、現在ではダイヤモンドがどの程度理想に近い形に研磨されているかを表す指標となっています。


テーブルの角から反対側までの4箇所を測定し、その最大値をガードルの平均直径で割り、小数点第一位を四捨五入して%表示したもの。
テーブルからキューレットまでの深さの割合を%表示したもの。
平均直径に対するキューレットからガードルまでの深さの割合を%表示したもの。
クラウン部とパビリオン部を別けている部分をガードルと呼び、ダイヤモンドを保護するために必要なもの。
パビリオンの先端のことをキューレットと呼ぶ。
シンメトリー(対称性)
 ダイヤモンドのファセット(研磨された面)の位置やバランスの仕上げの評価で5段階に等級付けされる。
ダイヤモンドのファセット(研磨された面)の研磨の仕上げの評価で5段階に等級付けされる。